お預かりしている引退馬たち

当牧場でお預かりしている16頭は、ローズキングダムをはじめ、タイキシャトル(98'安田記念 他)やメイショウドトウ(01'宝塚記念)といった有名な功労馬だけでなく、引き受け先のなかった引退馬を預かっています。

繁殖牝馬ローザネイから繋がっていった血統を『薔薇一族』と呼ばれ、この血統は重

賞を勝ちながらもG1 では勝てずにいました。

ローズキングダムは朝日フューチャリティS(G1) で、薔薇一族悲願のG1 勝利をし、その後ジャパンカップ(G1) でも優勝をし、薔薇一族悲願達成を成し遂げた名馬でした。

引退後は種牡馬として用途変更をしましたが、事故で頭部を打ち、バランス感覚に支

障が見られたため種牡馬継続が困難となり、ブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんから近く、かねてより私たちが引退馬牧場の活動をしたいと話していたこと

から、余生をベルサイユファームにて過ごすことになりました。

薔薇一族悲願達成を成し遂げた名馬

ローズキングダム

通算36 戦13 勝、デビューが大きく遅れ4 歳秋に初出走でした。

 

当初は芝レースで活躍していましたが、2000 年の根岸S(G3) が大きな転機となり、その後ダートレースでもとても活躍した馬でした。

根岸S では『鬼脚』と呼ばれ、最後方から飛ぶように差し切ったレースは競馬ファン

の皆さんの中で、思い出深いレースになっています。

引退後は繁殖馬として14 頭の子ども達を送り出してきています。今年、その繁殖馬

も引退することとなり、私たちの牧場にきてくれることになりました。     

『鬼脚』と呼ばれ、飛ぶように走る名馬

ブロードアピール

通算10 戦2 勝、05' の京成杯(G3) を人気に応えて重賞初勝利後、クラシック戦線

に。同世代のディープインパクト( 通算14 戦12 勝) を相手に、皐月賞3 着、菊花賞

2 着とライバルの一角として活躍しました。

父にサンデーサイレンス、母にビワハイジという良血馬であったり、ファンの中で歴

代最強ともよく言われるディープインパクトを、菊花賞では最も追い込んだ好走などもあり、たくさんのファンに愛されていた馬でした。

屈腱炎を発症してしまったため早くに引退となりましたが、今年まで種牡馬として活躍してきました。そして、今年7 月私たちの牧場に仲間入りしました!

ディープインパクトの最大のライバル

アトマイヤジャパン