​広大な敷地と

数々の引退名馬達が暮らす場所

「薔薇」に通ずる

ローズキングダムの繋養から

引退馬の余生の不安定さ、これをいち生産者としても少しでも解決したいという想いは以前よりありました。

本場ヴェルサイユファーム(旧:三城牧場)の繁殖引退馬や養老馬の受け入れも行なっていましたが、ローズキングダム​の受け入れから大きく転機が変わります。

有名功労馬だけにファンからの見学希望が増える一方、伝染病などの予防をしなければ本業である本場にもリスクが発生してしまう。

​そこに昔からの想いの歯車が回り出し、引退馬と人とが共生出来る場所を作ろうと始めました。

しかし現実の壁は高く阻みます。

来る日も来る日も、​本場の合間に自分たちだけで牧柵を打ち替えたり、古く放置されていた厩舎を改修しながらも、そこに台風や胆振東部地震で追い討ちが掛かる。

また、引退馬は生産性がなく、養っていくには1頭あたり月5〜10万円の費用がかかる上、施設の維持など全てに費用だけが積み重なっていく課題があります。

そこに突破口を見出したのが目標1000万のクラウドファンディングでした。

転機となった

​クラウドファンディング

2019年4〜6月の期間にて、ご支援者956名、結果1300万円以上のご支援を頂けました。

このおかげで同年10月より旧厩舎の解体が出来、新厩舎の建て替えを始める事が実現出来ました。

馬達が安心して帰れる家を新しく作れる事が出来たのです。

そしてご支援と共に多くの応援を頂き、

​改めて引退馬と人が共存できる場所を作っていく、より一層のビジョンを立てるようになってきます。

​忘れもしない逆境を乗り越え

2019年9月、思い出したくもない残念な事が起こってしまい、

見学を一時中止さぜるを得ない事態となりました。

しかし、出来得る限りオープンにファンと馬が触れ合える場所にしたい、

また引退馬にとっても支援も含め、それは必要不可欠な事です。

セキュリティを整えはじめる所からやり直し、

同年11月には支援者様や関係者を招いた1日限定のオープンファームを実施。

非常にたくさんの方々が遠方からもお越し頂き、背中を押してくれました。

​本当に心強い後押しを頂き、前に進むしかありませんでした。

計画していた牧場の中の宿泊施設を作るため、リフォームを進めるとともに、

​引退名馬たちも増え、同時に支援頂ける方々も増え、色々な事がまた進み始める事が出来て来ました。

年を越え、2020年1月には、見学を再開させ、新たな次のステップに向けて既に動き始めています。

 

 

もっと馬にとっても、人にとっても良い環境を作っていく

そして、あなたと皆さんと作っていく

​何卒、ご支援賜ります様、宜しくお願い致します。

Versailles Resort Farm_2.jpg

ヴェルサイユリゾートファーム

北海道沙流郡日高町庫富739

TEL:01456-2-5733 FAX:01456-2-5734

URL:http://versaillesresort-farm.com

  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン

Copyright  VersaillesResortFarm. All rights reserved