名称未設定 2.png

​当牧場の引退馬たち

名称未設定 1.png
キャリアプロジェクト金額ページ.png

ローズキングダム

ROSEKINGDOM

朝日杯フューチュリティステークスGI
​ジャパンカップGI

馬紹介用のコピー.png

​​父キングカメハメハ 母ローズバド
2007年5月10日生まれ
ノーザンファーム生産

R
O
S
E

曾祖母ローザネイからなる薔薇一族の王子と言われた、「薔薇の王国」ローズキングダム。
馬房で大怪我をし種牡馬を引退。当牧場へ移動後も体が傾いていたり馬着も着せれない状態だった為、検査を行うと舌骨が折れて神経を圧迫していた。
手術を行い無事に成功し順調に回復。若干右側の瞼付近に麻痺は残るも今では元気に過ごし、放牧地を時折駆け抜ける姿は過去を知っているファンや関係者を喜ばせてくれている。

 

1.png

​アドマイヤジャパン

ADMIREJAPAN

馬紹介用のコピー.png

​​父サンデーサイレンス 母ビワハイジ
2002年4月16日生まれ
早田牧場新冠支場生産

京成杯GⅢ
 

JAPAN

名牝血統のSanta Lucianaからなるビワハイジの子でもあり、父は偉大な名種牡馬サンデーサイレンスからなる超良血馬。
現役時はあのディープインパクトのライバルの1頭とも言われ、3冠が掛かった菊花賞ではディープインパクトだから差せたと言われる2着と好走。種牡馬引退後はリトレーニングを経て乗馬としてファンを乗せて活躍中。

 

14のコピー.png

​スカーレットレディ

SCARLET LADY

145.png

LA
DY

​​父サンデーサイレンス 母スカーレットローズ
1995年5月10日生まれ
ノーザンファーム生産

競走成績は未勝利のみだが母としてGⅠ / JpnⅠを9勝を勝利した名馬ヴァーミリアンをはじめ、サカラートなど4頭の重賞勝ち馬を産んだスカーレット一族と言われる名牝血統の中でも名繁殖馬として名をあげた。
​繁殖引退後は当牧場にてその馬生をのんびりと過ごしており、風が強く吹くといち早く帰るといった帰りたガールな一面ももつ馬である。

16.png

​ヒルノダムール

HIRUNO D'AMOUR

156のコピー.png

DAMOUL

​​父マンハッタンカフェ 母シェアエレガンス
2007年5月20日生まれ
橋本牧場生産

群雄割拠の世代馬の中、重賞初勝利の大阪杯はタップダンスシチーのコースレコードを更新、次いでGⅠ天皇賞・春を全レース主戦を務めた藤田伸二ジョッキーと共に制覇。同年の凱旋門賞を猛暑の中、ナカヤマフェスタとも走った。
競走・種牡馬引退後はGⅠ馬に乗れる様にとリトレーニングの末、帰厩。飛越もこなしジュニアも乗せて大会に出るなど新しい才能が開花し、牧場でもファンを背中に乗せ過ごしている。

 

天皇賞・春 GⅠ
産経大阪杯 GⅡ

166.png

​タニノギムレット

TANINO GIMLET

馬紹介用のコピー.png

GIMLET

日本ダービー GⅠ
スプリングS GⅡ
​アーリントンカップ GⅢなど

​​父ブライアンズタイム 母タニノクリスタル
1999年5月4日生まれ
カントリー牧場生産

第69回東京優駿の優勝馬。武豊騎手の「今夜はギムレットで乾杯してください」が想いに残る稀代の名馬。
​怪我から止む無い早い引退後、社台SSにて種牡馬へ。初年度産駒から64年ぶりの牝馬東京優駿勝利馬ウォッカを輩出。自身が勝利した2枠3番は娘も同じ枠番となり史上初の親娘の制覇となった。
​その後レックススタッドでの種牡馬生活引退後、当牧場へ。去勢はせず今も元気が有り余る姿を見せている。

 

133.png

​ビービーガルダン

B B GULDAN

134.png

GULDAN

​​父チーフベアハート 母オールザチャット
2004年3月10日生まれ
坂東牧場生産

阪急杯 GⅢ
キーンランドC GⅢ

母オールザチャットのスプリンター体質を継ぎ、短距離でターフを颯爽と駆け抜けた。
ハナ差で惜しくもGⅠ勝利とならなかったスプリンターズSは結果的にその2年後のラストレースとなり、レース前に放馬し全力で中山の坂を駆け抜けていった。
​牧場の冠名ビービーと太陽系戦隊ガルダンから名付けられたビービーガルダンは、故郷へ戻りその後乗馬のリトレーニングを経て当牧場にて時には子供たちを背中に乗せ、今日も輝く様に元気に過ごしている。

キャリアプロジェクト金額ページのコピー.png

​ゴールドティアラ

GOLD TIARA

1134.png

​​父Seeking the Gold 母Bright Tiara
1996年4月25日生まれ
Everest Stables Inc.生産

TIARA

マイルCS南部杯 GⅠ
プロキオンS GⅢ
シリウスS GⅢなど

圧倒的なスピードを武器にデビュー線をダート1000mにも関わらず9馬身差の圧勝劇から、ダート短距離を中心に活躍。2000年の南部杯では残り400mから後方馬を置き去りにする瞬発力とスピードで、最後は持ったまま完勝しGⅠウィナーの仲間入りを果たした。その後新設された第1回ジャパンカップダートに出走するもレース前放馬で除外。奇しくも優勝馬は南部杯の2着であり凌ぎを削ったウイングアローだった。
引退後は繁殖牝馬として過ごし、20年に高齢から繁殖引退。その後、ご縁があり当牧場へ移動し過ごしている。
​高齢とは思えない馬体と元気さで、とにかく外が大好きと放牧時は現役時を彷彿とさせるくらい駆け抜ける姿を見せてくれる。

 

0.png

​オーシャンブルー

OCEAN BLUE

オーシャンブルー1.png

​​父ステイゴールド 母プアプー
2008年3月26日生まれ
社台ファーム生産

金鯱賞 GⅡ
中山金杯 GⅢ

BLUE

​※写真はレックススタッド様より引用

初勝利は3歳の5月と遅咲きもその後順調に勝ち星を重ね、初重賞制覇となった金鯱賞と同月の有馬記念では、ラストの直線空いたスペースから内で粘るエイシンフラッシュを交わし一気に先頭へ立ったが、外から白い怪物ゴールドシップの強襲にあい惜しくも2着なった。
引退後は、種牡馬生活を6年間送った後、種牡馬引退となりご縁があり当牧場へ移動する事が決まった。まだ若い年齢であり馬生を過ごすには早い事から、乗馬として新しい一歩を踏み出させたい為、リトレーニングを行い現在は東関東馬事学院にてトレーニングに励んでいる。

001のコピー.png

​エタリオウ

ETARIO

1115のコピー.png

​​父ステイゴールド 母ホットチャチャ
2015年2月13日生まれ
ノーザンファーム生産
​※預託馬

ETARIO

勝ち鞍が未勝利のみにも関わらず生涯獲得賞金が2億を超え最強の1勝馬と呼ばれた。
重賞レースで2着は4回と、父ステイゴールドと体型も戦績も似て多くのファンの方に愛されている。
怪我の治療が長期に渡る点もあり引退後は当牧場で預託引退馬として繋養する運びとなったが、プライベート種牡馬として種牡馬生活を歩む。
まだ若い年齢から幼さが残る顔立ちも元気さや他の馬への反応はまだまだ現役に近い。とにかく一番鳴き声が大きい。

キャリアプロジェクト金額ページ4.png

​ユーエフオー

UFO

馬紹介用3のコピー.png

UFO

​​父BURGGRAAF  母NICOLET 
2001年3月1日生まれ
オランダ産
※預託馬

ユーちゃんこと一際大きく、大放牧地のボスでもあるユーエフオー。
​サラブレッドではなくKWPNというオランダ生まれの乗用馬でありオーナー様からの預託引退馬。
優しいボス的存在で人に対しても非常に温厚。牝馬には道を譲ったりとレディーファーストな一面も。
時折、他の馬にちょっかいを出しすぎて怒られた日は餌が食べれない程、落ち込んだりする面もあり。

キャリアプロジェクト金額ページ5のコピー.png

​グランドリビエール

GRANDE RIVIERE

​​父フサイイチコンコルド 母フジコウゴールド
2011年3月28日生まれ
米田牧場生産
※預託馬

エタリオウの同オーナーが初めて所有された馬がこのグランドリビエール。
後の法人名義Gリビエールレーシングにも同じこのリビエールが入っており、大切な1頭目の愛馬。
中央地方と走り引退後、ご縁があり当牧場で預託引退馬として繋養する事となる。
放牧地ではNO.2の立場で馬たちには厳しく、人には優しいリビ。他の馬が人に威嚇しているとその馬を怒ってくれるくらい、とても心強い放牧地の幹部。

馬紹介用5.png

RIVIE

キャリアプロジェクト金額ページのコピー.png

​アニバーサリー

ANNIVERSARY

馬紹介用2のコピー.png

​​父ビワハヤヒデ 母マルゴサワー
1999年4月28日生まれ
加納牧場生産
※預託馬

ANNIE

競走馬名はペガサスマジックだったが、当時馬事学院様の設立時の第一号で、生徒たちと一緒に名付けたのが乗馬名アニバーサリー(記念)
​乗馬として活躍し引退後、当牧場の開業時に預託引退馬という形で繋養されている。
非常にマイペースなところがあり、今日は帰らないと駄々コネたり、他の馬にちょっかい出して怒られる事もしばしば。牧場では現在唯一の芦毛、アニーの愛称で見学の方たちにも慕われている。

1.png

​グランデラバー

GRANDE LOVER

​​父ビッグサンデー 母キシュウラック
2004年4月30日生まれ
渡辺牧場生産
※預託馬

馬紹介用2のコピー.png

LOVER

引退馬協会の引退馬ネットのサポート団体グランデラバーの会様より預からさせて頂いているグランデラバー。
「ラバー」「三毛ちゃん」の愛称で慕われている。
競走馬引退後は乗馬で活躍していたが、腰を悪くして引退し故郷の牧場に帰郷。過去に辛い経験をしてしまい、人間に対して信用せず恐怖心から威嚇するなど心に傷を持ってしまったそうです。
その後、当牧場へ繋養させて頂く事となりましたが、近づくだけで唸り声をあげたり触る事も難しい程も、他の馬たちと少しずつ過ごしていく内に、徐々に心を開いてくれる様になりました。


「グランデラバーの会」はこちら

キャリアプロジェクト金額ページのコピー.png

​ダイワウィンダム

DAIWA WINDOM

​​父アンバーシヤダイ 母キシュウラック
1997年4月24日生まれ
渡辺牧場生産
※預託馬

馬紹介用34.png

WINDOM

現役時は障害レースにて活躍し、障害オープンレースを4勝し新潟2850m障害コースのレコードホルダーでもある。
鼻ちょんちょんマークが特徴的で、引退後は乗馬として活躍し乗馬引退後はオーナー様からの預託引退馬として当牧場で過ごしている。
実はグランデラバーの半兄だが性格共に似ている所はなく、唯一ご飯を食べている時は怒ってると事が共通点。
歳が近いスカーレットレディなどと仲が良く立場も上のタイプだが、あまり群れへの意識はなくどちらかといえばのんびり派。注射などは大嫌いで非常に怒る。

 

永眠
サンカルロ
​ブロードアピール